男性型脱毛症【AGA】情報サイト

AGAの抜け毛対策は内服薬を利用するのがおすすめ

AGA(男性型脱毛症)の対策が可能な製品は数多く発売されていますが、抜け毛対策は内服薬をつかって行うと良いといわれています。
例えば、AGA専門のクリニックに通院して治療を受けた場合、診察を受けて、必要な処置を受け終えた後に、抜け毛対策用の内服薬が処方されることは多いです。この内服薬には主にAGAの原因物質がつくられるのを抑制する成分が含まれています。なぜこのような薬が抜け毛対策になるのかというと、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)が、テストステロンと呼ばれるヒトの成長や骨格の形成に関与する男性ホルモンが、5α還元酵素と結合して生成されるからです。AGAはDHTが皮脂腺や毛乳頭細胞にある結合体で作用し、頭皮の環境の悪化とヘアサイクルの乱れを生じさせることによって起こるものであるため、DHTの生成に関与している5α還元酵素を阻害すれば、DHTの生成とテストステロンの減少を防ぐことができ、これによってAGAの症状の進行も遅らせることができます。
この抜け毛対策用の内服薬は、日本国内では医師に処方せんをつくってもらって薬局で手に入れるのが正規の入手方法ですが、これとは別に通販サイトから外国製の内服薬を個人輸入してくる方法もあります。この方法だと、日本では手に入らない製品を安い価格で入手できる可能性があり、診察料や調剤料などを支払わずに済むため、出費も抑制することが可能です。しかし、運営のしっかりした通販サイトから購入しないと、質の悪い製品をつかむことになり、その製品を使用することによって健康が害されるおそれがあります。自分で個人輸入してきた内服薬の服用に責任をもつことに対して不安を感じるのであれば、国内の医療機関に行って内服薬を手に入れた方が良いでしょう。