男性型脱毛症【AGA】情報サイト

薄毛対策に効果的な医薬品について

男性にとって薄毛の発症はとても辛いものです。特に仕事上の都合で多くの人と会う機会があったり、私生活で好意を寄せる異性などと交流する上でも相手の視線が気になってしまい、精神的なストレスから更に薄毛が増してしまいかねません。そんな症状を防ぐ意味でも、まずは薄毛の原因を特定した上でその改善に必要な対策を講じていくことが重要です。

薄毛の原因としては頭皮環境の不衛生化によって皮脂や角質が毛穴を詰まらせたり、生活習慣の悪化によってホルモンバランスが変化したり、頭皮の血行が大きく悪化するケースも大きな要因となり得ます。その一方、AGAによる薄毛も顕著で男性ホルモンが特殊な酵素と反応し合うことでDHTという物質を生み出し、これらが頭髪のヘアサイクルを大きく見出すことで抜け毛や薄毛を助長してしまいます。

これらAGAを改善するためには医療機関で医師の診察を受けることが大切です。その上で一般的に用いられる医薬品がフィナステリドという成分を配合したプロペシアという錠剤です。これは頭皮付近にある5αリダクターゼという酵素のII型の働きを抑える効果を持ち、これによって男性ホルモンとの反応を抑制してDHTが発生しにくい状態をもたらします。

また、医療機関や医薬品の通信販売などではデュタステリドという成分を配合した飲み薬の処方や販売も行っており、これは5αリダクターゼのI型とII型のどちらも抑制する効果を持ち、AGAの治療においてさらに強い効果を持っているものです。ただし副作用の可能性などもありますので、自分のコンディションに適しているかどうかの入念なチェックが必要です。

さらにこれらの飲み薬と共にミノキシジルという塗り薬を使うことで頭皮の毛細血管を拡張させ、血流量の増加にあわせてより多くの栄養分をもたらすことが可能となり、こうした医薬品の効果によって次第に薄毛も解消されていくことでしょう。