男性型脱毛症【AGA】情報サイト

遺伝でも起こり得るAGA改善の為の植毛は痛い?

薄毛や抜け毛といった髪の悩みを抱えている方は多くなっています。男性型脱毛症とも呼ぶことができるAGAに悩む方も多いでしょう。一般にAGAと遺伝との関係については、実にいろいろなことが語られているものです。実際に、AGAを引き起こす原因は一つだけではありません。実にさまざまな要素が関係していると考えられているのです。もちろん、その原因の一つに挙げられるのは、親や祖父母からの遺伝や隔世遺伝といったものでしょう。もちろん遺伝によって、父親や母親、また祖父母の性質や体質、またある種の病気を受け継ぐことはあり得ます。しかし、遺伝によってAGAが引き起こされる確率はそれほど高くないというのが実情です。ある報道によれば、遺伝が原因でAGAになる確率は全体の四分の一ほどでしかないということです。その他にもいろいろな要素が複雑に作用し合った結果として、AGAになることが多いと言われているのです。
このように、実際にAGAになってしまった場合は、その症状を改善したりふさわしい治療を受けたりすることがどうしても必要となることでしょう。AGAを改善するのにたいへん効果があると同時に、一般に広く用いられている一つの方法は植毛でしょう。しかし植毛は痛いのではないか、と心配する方も多いことでしょう。基本的に言って、植毛の手術を行なう場合は、必ず局部麻酔が施されることになります。そのため、植毛の施術そのものによって痛いと感じることはまずないということができます。もちろん、局部麻酔をする際に痛いと感じることはあるでしょう。しかし、施術の際にそれほど強い痛みを感じることはまずないため、安心して施術を受けることができるでしょう。