男性型脱毛症【AGA】情報サイト

AGAとは何?メカニズムと対処方法

AGA(男性型脱毛症)を克服するためには、まずはAGAのメカニズムを知ることが大切です。
AGAを引き起こす原因となっているのは、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンです。この物質は体内にあるテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが5α還元酵素と結合してつくられます。DHT自体は身体をより男性らしくする働きがあり、男性にとっては重要なホルモンですが、頭部においてはDHTはマイナスに作用します。これは、皮脂腺にある受容体と結合して皮脂の分泌を促す働きと、毛乳頭細胞にある受容体と結合して毛母細胞の増殖を抑える働きによるもので、放置すると頭皮の環境の悪化とヘアサイクルの乱れが進み、やがて短くて細い髪の毛が生えてくるようになり、部分的にはほとんど生えてこなくなってしまいます。
AGAによって悪化した頭皮の環境と毛髪の状態に対処し、元の健康な状態に戻すためには、ヘアサイクルを元に戻す治療と、太くて長い、しっかりとした髪の毛を生えてくるようにする治療を並行して行うことが重要となります。前者の治療ではフィナステリドなどの5α還元酵素阻害薬を内服してDHTに変化するテストステロンの数を抑制し、AGAの進行を遅延させることによってヘアサイクルを少しずつ元に戻していく方法がよくとられており、後者の治療ではスカルプシャンプーなどを使ってよく洗った頭部に、ミノキシジルなどの発毛作用がある物質が含まれている外用薬を頭皮に直接塗布する方法がよく行われています。中には、内服薬や外用薬を用いずに、頭皮に直接AGAの治療に役立つ物質を配合した薬剤を注射器やレーザーを用いて直接投与する方法を試みる患者もいます。
安いフィンペシアでAGAから脱出しましょう!